ドラゴンボール超

ドラゴンボール超『86話』デンデがウーブの存在を知っている【矛盾】

先ほど、ドラゴンボール超86話を拝見しました。

そういえば、一週間前に書いた記事で、17号と悟空の矛盾について書きました。今日、真相が明らかになったので記事に追記しておきましたので気になる方はお読みください。

ドラゴンボール超「86話について」17号と悟空の関係性の矛盾

にしても、17号かっこいいですね。悟空に匹敵するくらい?強くなっていて、家族をもち仕事をしているなんて悟空より素晴らしいw

そんなことはさておき、
今回は、ドラゴンボール超『86話』とドラゴンボールZ『290話』の矛盾について解説します。
その内容は、「デンデがウーブの存在を知っている」ということです。

スポンサーリンク

ドラゴンボール超『86話』とドラゴンボールZ『290話』の矛盾

悟空がデンデに17号の居場所を聞き、天界ごと17号の居場所へ向かっている最中にデンデはこんなことを言っていた。

「この近くの小さな村にとんでもない武術を持つ小さな少年を知っていますか。」

「天才ですよ。本人が気づいていないほど。まだ、本当に小さな子供なんですけどね。」

「その少年生まれ変わりなんですよ。悪い魔人ブウの。」

こんな内容だ。

そして、この10年後くらいにその魔人ブウの生まれ変わり(ウーブ)と天下一武道会で戦うシーンがドラゴンボールZの『290話』だ。(ドラゴンボール超の後の話)

天下一武道会では、くじ引きでトーナメントが決まるのだが、悟空は善魔人ブウに頼みインチキして一回戦ウーブとあたるようにした。
(このインチキに関しては、観客席で見ていたZメンバーの一部は知っている)

そして、くじ引きで悟空とウーブが当たった瞬間、観客席で見ていたデンデとピッコロはこんな反応をした。

デンデ「え!?そ・・そんなあ!?」
ピッコロ「ま・・まさか!あんなやつが魔人ブウの生まれ変わりだと!?」

そう。これがおかしな点だ。ピッコロは知らなかった設定だとして、デンデはドラゴンボール超で教えてるから知ってるはずだ。

この時のデンデに僕はこう言ってあげたい。デンデくん、君が悟空に教えてあげたんじゃないのか?と。

ドラゴンボール改の場合

ドラゴンボール改とは、ドラゴンボールZを再編集したもので回想シーンや必要ないシーンはすべてカットしスピーディにドラゴンボールZの話を進めたもので、ドラゴンボールZとドラゴンボール改は同系列のもの

ドラゴンボール改の場合も同じシーンを見てみました。ドラゴンボール改『159話』です。

この回では、ドラゴンボールZのようなデンデが驚いているシーンがありませんでした。
そうなると、ドラゴンボール改ではドラゴンボール超と話が合います。
それに、ドラゴンボール超はドラゴンボール改の続きとして放送されているので、ドラゴンボールZで話を合わせるよりもドラゴンボール改で合わせたほうが良いでしょう。

まとめ

ドラゴンボールZとドラゴンボール超では話が合わない。
ドラゴンボール改とドラゴンボール超では話が合う。

つまり、ドラゴンボールZとドラゴンボール改はパラレルとして捉え、ドラゴンボール改の続編がドラゴンボール超として捉える。
そう考えたほうが妥当です。

まぁ、そんな深く考えずにドラゴンボールを楽しみたいのですが、どうしても気になってしまうんです。作者に申し訳ない・・。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。