ゲゲゲの鬼太郎6期

【ゲゲゲの鬼太郎3話ネタバレ】人間の子供を拐う妖怪「たんたん坊」が登場!

(出典:YouTube東映アニメーションチャンネル)

2話初登場のねずみ男によって封印を解かれた”見上げ入道”はねずみ男と手を組み、地球を征服するため、電池組と呼ばれたアイドルグループを利用し、4万9996人の魂を霊界に送った。

見上げ入道とは

見上げれば見上げるほど小坊主の姿から巨大な入道の姿に変化する妖怪。
空気を自由に操る能力を持っている。

残り4人の魂を霊界に送ろうとした見上げ入道だったが、そこに鬼太郎・目玉おやじ・まな・ねこ娘が見上げ入道を退治しにきた。

ねこ娘・鬼太郎共に懐かしの技を繰り出し戦うも、見上げ入道に飲み込まれてしまった。

鬼太郎のおかげでなんとか見上げ入道の体内から抜け出すことができ、目玉おやじの攻略により、まなが発した「見上げ入道神輿たり」で見上げ入道を倒した。

目玉おやじ曰く、どうやら見上げ入道は、人間に「見上げ入道神輿たり」と言われると妖力を失うらしい。最初から言えよ!!w

そして次回のゲゲゲの鬼太郎3話は「たんたん坊の妖怪城」。

スポンサーリンク

ゲゲゲの鬼太郎3話 たんたん坊

(出典:YouTube東映アニメーションチャンネル)

たんたん坊とは、人間の子供を拐い、人間を妖怪にさせる妖怪城の主。その目的は、沢山の人間を妖怪に変化させ妖怪の街を作ろうと企んでいる。

次回予告を見る限りだと、やはり人間界の子供が失踪していくようで、どうやら犬山まなも拐われるようです。

犬山まなも毎回妖怪に巻き込まれてて大変そうや・・・。

たんたん坊は1作目・3作目・5作目でも登場しており、口から青痰を吐き出す攻撃が特徴的。

僕が幼い頃に、1作品目の3話に登場した”たんたん坊”を見たことがあるのだが、不気味すぎて当時は泣いていた気がするな・・・。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。