YouTubeの話題

【人気YouTuber桐崎栄二】選挙掲示板に自分の顔写真を自演自作で貼り通報される【大炎上】

先日、チャンネル登録者数200万人UUUM所属の人気YouTuber「桐崎栄二(きりさき えいじ)」が自らの顔が映ったポスターを選挙掲示板に貼り、公職選挙法違反で通報されました。

今回は、なぜ人気YouTuberである桐崎栄二が選挙掲示板に自分の顔写真ポスターを貼ったのかについて真相などをお話していこうと思います。

大物YouTuber桐崎栄二の被害動画が自演自作

事の始まりは2月23日に投稿された1本の動画が原因だ。

その動画は「指名手配犯として街中の至る所にポスターが貼られ桐崎氏が被害を受けている」という内容。

電柱、車、そして”選挙掲示板”の4スペースに桐崎氏の顔が映ったポスターが貼られていた。

桐崎氏は動画内で「いつもピンポンダッシュしてくる中学生がやったに違いない」と確信した素振りをし、「裁判で中学生を訴える!」と主張。

しかし、この動画が投稿された3日後、これらの動画内容が全て”桐崎栄二の自演作”だったことが判明した。

桐崎栄二自らが「動画内のビラは自演自作」と事務所の聞き取りで認めていた。

公職選挙法違反で通報

桐崎栄二が動画内で見せた「選挙掲示板の4スペースに自分のポスターを貼っている事」もまた問題となっている。

これらの行為は「特定の候補者の選挙活動の妨害をしており、空きスペースに候補者以外の掲示物を貼る行為は同法違反なのではないか?」と法的な批判が殺到し、桐崎栄二はこの件で通報された。

”石川県選管によると、公職選挙法は特定の候補者の選挙活動の妨害を禁止しているが、空きスペースに候補者以外の掲示物を貼る行為は同法違反に当たらない可能性が高いという。”

この行方については、現在石川県警が調査中とのこと。

桐崎栄二の謝罪

この騒動が起きてから、動画での謝罪や真相について桐崎氏からの説明はまだないが、事務所を通して桐崎氏は「撮影当時は法律の知識がなく、過激な動画を撮りたいと思いやってしまった」と反省している。

(以下記事:桐崎栄二は過去にも自演自作をしていた!?)
[blogcard url=”http://chirohobby.com/youtube/youtuber-flaming-kirisaki-eiji-2″]

関連記事