YouTubeの話題

レペゼン地球の1億円プレゼント企画で個人情報漏洩した原因!今後はどうなる?

[出典:Twitterレペゼン地球のツイート]

事の始まりから説明しよう。(知っている方は、次の見出しからお読みください。)

とある人気YouTuberのレペゼン地球は、ファンや視聴者へ向けて「1億円プレゼント企画」を開催した。

その”1億円をプレゼント企画”なのだが、もAppleWatch、AirPods、Macbook、外車、その他色々、6万人以上に当たる企画だった。

過去のインフルエンサーのプレゼント企画とは規模が違って、6万人以上に豪華な景品が当たるという夢のような企画。

もちろん、応募者も過去のインフルエンサーのプレゼント企画をはるかに上回った。

応募方法は、レペゼン地球が用意した超強化版「応募フォーラム」にて、”メールアドレス登録・LINE登録”をするだけの簡単作業・・・、

だが、事件は発生した。

レペゼン地球の個人情報漏洩!その原因とは

想像を上回る膨大なアクセス数だったのか、超強化版「応募フォームページ」のサーバーが耐えきれず、まさかの個人情報漏洩という失態に陥ってしまったそうだ。

どんな風に漏れたのか

個人情報漏洩が発覚したのは、応募した視聴者のとあるTwitterでの一言。

と、なぜか応募フォームにて知らない人の名前とメールアドレスが表示されるという事件が起こった。

Twitterユーザー達は、これを見てすぐに個人情報が漏洩しているとわかった。

(その後、応募者達はこのようなツイートで溢れていきます。)

応募してから変なメールが来る?(迷惑メール)

さらに、個人のメールアドレスが漏洩したことから知らない人から不審メールを受信するユーザーも多数いるようです。

これに対しレペゼン地球側は・・・

これに気づき焦るレペゼン地球は以下をツイート。

レペゼン地球が語るには、個人情報漏洩の大きな原因は「サーバーの強化が足りない!!」とのこと。

仕様を変更してプレゼント企画を再開!

その後、レペゼン地球は今回の件について動画で詳しく説明した。

(動画は2つあります)

以下、レペゼン地球公式HPでの文書

“8月 31 日(木)1億円プレゼントキャンペーン内で一斉送信を行った抽選システムに関して、想定を遥かに越えるアクセスが集中したことと、そのサーバーエラー対策時に不手際があったことにより、一部の応募者のメールアドレスが他の応募者の入力画面へ表示されるというエラーが起こりました。
今回の企画参加を楽しみにされていた皆様に、多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
このような事態を招いたことを重く受け止め、現在再開に向けて管理体制のさらなる強化に取り組み、再発防止に努めていきます。

——抽選の再開について——-

抽選再開予定日:9月25日

結果発表予定日:9月30日以降

抽選再開後のシステムに関しては、”既存の抽選登録の流れ”から”LINEログインのみで登録完了”できるような仕様に変更いたします。

※既存のシステムでメールアドレスを取得していた経緯については当選結果を当選結果確認URLとメールアドレス宛への送信という二重発表により、より多くの方にきちんと当選結果をご確認いただきたいという考えから取得しておりましたが、再開後のシステムではメールアドレスでの送信を省き、当選結果確認URLでの発表のみとさせていただきます。”

[引用:https://hassyadai.com/discovery/press/report_1]

と、延期にはなってしまいましたが、応募形式をLINE登録のみに変えて9月25日から再開決定したそうです。

LINE登録のみになったということは、仮に当選したとして、当選間にLINEの不具合でレペゼン地球との連絡が取れなくなった場合は、景品受け取りができないということです。

今回の事件を要約すると

箇条書きでまとめてみましょう。

今回の事件を要約
  1. レペゼン地球「1億円プレゼント企画」を開催
  2. 予想以上の膨大な応募数(膨大なアクセス数)
  3. 応募フォームがぶっ壊れる
  4. ぶっ壊れたせいで、応募者の名前とメールアドレスが漏れる
  5. レペゼン地球が謝罪
  6. 今度はメールアドレスの入力は不要で、LINE登録のみにして9月25日に企画再開する

今回の件では、「名前とメールアドレスの漏洩」で大変問題になっていますが、住所や電話番号の入力がなかったことが幸いです。

レペゼン地球はまた1億円企画を再開するとのことですが、やはり情報を入力することも自己責任

情報が漏れたら「レペゼン地球ふざけんな!」じゃなくて、入力した自分と現代のセキュリティを責めましょう。

関連記事