YouTubeの話題

進化し続ける「YouTube」がつまらない件。それは一体なぜなのか?

今やテレビの電源を消して、YouTubeアプリケーションを開き動画を視聴する方は、ものゴッツ多いことでしょう。むしろ、テレビの存在自体を忘れている者もいるのではないでしょうか。

テレビ業界にとっても大きく影響し、現在再生回数も非常に伸びている媒体ですが、そんなYouTubeも独自の面白さが消えていっていると、ひそかに話題になっています。

そもそもYouTubeの面白さって何なんだ

テレビよりも盛り上がりを魅せるYouTubeだからこそ、テレビとの大きな違いがもちろんあります。

そのYouTubeの面白さは、

一般人が、”面白い・為になる・怖い・悲しい・くだらない”素人コンテンツを自由な形で配信することにある。(犯罪は除いて)

だって、芸能人がYouTubeで「〜やってみたよ☆」なんて言ってたら、それはもう視聴者からしたら寒すぎますw

それに、YouTubeは動画が削除されない限り、いつどんな時間帯でもそれを見ることができるし、録画もする必要ないですから。

そうですね、テレビとYouTubeの関係性を何かに例えるなら、プロAV女優物(テレビ)なのか、素人物(YouTube)なのかです。

そんなYouTubeが今テレビよりになってきている

今のYouTubeは数年前の動画と比べて完成度やクオリティが高い動画へ進化していきました。それもちょっとテレビに寄せた感じの動画。

果たして、それは皆んなが求めていたYouTube動画なのか?

  • 素人感あるYouTubeはどこへいったのか
  • テレビ観てるのと変わらないんじゃないのか
  • 身近な安心感はどこへいったのか
  • ドッキリ系多くないか

と様々な意見が飛び交っています。

そして自由なYouTubeの時代がいずれ消えていく

個人的な意見で、コンプライアンス的にもYouTubeは自由なイメージがありましたが、炎上・騒動が増えたせいか、YouTubeはテレビ並みに厳しくなってきたと言えます。

最近起きた水溜まりボンドのある地域をスラム街呼ばわりで炎上した件も、多分ちょっと前だったら炎上していなかったのではないでしょうか。

それもやはり、テレビ並みのコンプライアンスを生み出してしまったことが原因なのかなと。

こうした事によって、テレビにはなかった自由なYouTubeは隅っこへ消え、規制のかかりすぎた炎上ばかりのYouTubeが続くと考えます。

※YouTubeを批判しているのではありません。

ただYouTubeの再生回数は伸びる一方

この記事タイトルでも「YouTubeがつまらない」と言いましたが、YouTube界の再生回数は今非常に伸びています。前よりも確実に。しかし、「再生回数が多い=面白い・楽しい」は成り立ちません。

再生回数が多いことは、注目されている証。もしかしたら、それは悪い注目かもしれないし、ただなんとなく注目された動画かもしれない。

今後のYouTube界がどう変化していくのか見所である。

関連記事